初級者から上級者まで楽しめるダイビング

ダイビングをしたいけど技術が無い。そんな貴方でも大丈夫です! - 慶良間諸島の黒島で大物探し

慶良間諸島の黒島で大物探し

沖縄県は慶良間諸島の渡嘉敷島の北東に位置している黒島は、ダイビングのスポットとして、中級者レベルのからそれ以上のレベルの人に向いているスポットになります。

小さな露出岩は2つあるのですが、その周辺をまわるというポイントで、流れのある地形的なポイントでは、ドリフトダイビング(潮の流れが強い場合、その流れに乗って潜る事で、初心者では難しいテクニックです)も多く、珊瑚礁のまわりに行けばキンギョハナダイやイソマグロ、タカサゴにツバメウオなどが見られ、回遊魚もやってくるのです。

ダイナミックな地形で有名なのですが、ドロップオフ(海岸の崖が突然落ち込んでいる場所)すれば一気に30メートルを超えて、とても気持ちがいいのです。

その辺りまで行けば海の透明度も非常に綺麗で大物を見つけたい人にはとっておきのポイントにもなるのです。

この慶良間諸島の黒島では、毎年、5月そして夏ごろになった時期にエイの中でもひときわ大きい、最大種といわれている“マンタ”(オニイトマキエイ)が見られる事もあり、そしてダイバーにはこのマンタファンが非常に多く、マンタを目指して黒島にやってくるレベルの高いダイバー、そしてフォトダイバーで賑わう事もあります。

このマンタは大きなもので3トンにも達し、そんな巨大なエイが優雅に泳いでいる様子は大空を飛んでいるようにも見えるものです。

【関連記事】