初級者から上級者まで楽しめるダイビング

ダイビングをしたいけど技術が無い。そんな貴方でも大丈夫です! - 上級者にとっておきのスポット残波岬

上級者にとっておきのスポット残波岬

ダイブマスターなどの上級者は、色々な場所でダイビングを体験していて、沖縄でも色々な所を回っているようなのですが、この読谷村にある残波岬は、東シナ海に面している岬で、高さが約30メートル断崖がすっと2キロほど続いています。

1945年に米軍が残波岬を目印に読谷海岸に着いたという歴史もある事から有名なスポットでもあります。

断崖絶壁を降りればビーチからのエントリーそしてボートからと両方のエントリーが可能になっています。
ビーチからでしたら断崖絶壁があるので、女性だけの場合ですと、なかなか体力的に難しいようです。

崖が険しいので、潜るダイバーも少ないので、自然がそのまま保たれているようです。

エントリーすればすぐ豪快なドロップオフになります。
そして、水深40メートルはあっと言う間ですので、上級者のダイバー又は、MSD(マスター・スキューバ・ダイバー)ライセンスを持っている人がやって来る事が多いです。

地形は非常に見ごたえがあり、ドロップオフの他には、縦穴、横穴の洞窟が続き、ベテランダイバーに人気がある訳が分かります。
っそいて、ピグミーシーホーズ、大物のナポレオンフィッシュ、ホワイトチップに会えるという点でも、かなり豪華なメンバー揃いのスポットといえるでしょう。

【関連記事】